育毛剤ランキングは信じてもいいのか

育毛剤ランキングは信じてもいいのか?

回答

育毛剤ランキングが育毛の失敗者を増加させています。

私は育毛剤では髪が生えない、あるいは、わずかしか効果が出ないと判断しています。

ところが、

ネットで検索すると、あたかも、

「どの育毛剤を使うかで、あなたの発毛は決まる」

かのごとき「うそ」「欺瞞」「ステマ」のオンパレード。

それが、「育毛剤ランキング」なのです。

では、育毛剤ランキング・サイトを覗いてみましょう。

まず、常識的に考えて、

サイト管理人が「1位」にしているものが、一番サイト管理人の売りたいものなのは当然。

どんなものが多いのか?

4つほどのランキングサイトを見た結果、

平成26年10月20日現在では、

「チャップアップ」という商品がランキング1位になっているサイトが多いね。

ネットで検索するとチャップアップは1本売れると4000円紹介料が入るようですね。

1件紹介して4000円はでかい。

みんな「これを売ろう」とするんだね。

では、

アフィリエイトする人はぼろ儲けしているのか?

というと、そうとはいえない。

アフィリエイターも紹介料のために頑張るのだが、それほど簡単ではないのですね。

アフィリエイターがネット上でぼやいています。

せっかく売ったのに承認しないというアラワザ。

⇒ 「チャップアップの承認率は1%だった」さまのサイト記事

1本4000円はでかいが、販売会社のほうが一枚上手なのか?

しかし、

地獄図ですな。

地獄絵を旅する 残酷・餓鬼・病・死体地獄絵を旅する 残酷・餓鬼・病・死体
価格:1,296円(税込、送料別)

販売会社は大きな報奨金でアフィリエイターを募る。

アフィリエイターはパソコンの前で育毛剤ランキングサイトを必死で作成する。

報酬の高いチャップアップをランキング1位にする。

ところが、売れたとしても、成果の多くが「非承認」とされて、報酬はもらえない。

なんということか。

こう考えると、育毛剤ランキング・サイトの管理人も、それほど楽ではないことがわかるね。

上記のアフィリエイターの憤慨する気持ちはよくわかる。

早く手を切ることですよ。

1本4000円は大きすぎるので、「怪しい」と思うことも大事です。

楽天、アマゾンなどは成果をほとんど認めてくれるよね。

1%~4%の低い報奨金なので、払うのを躊躇しないのでしょう。

1本4000円になると、販売会社も

「アフィリエイターに払うのもったいないよな。よし非承認だ」

となりがちなのですよ。

で、

確かに楽天やアマゾンは正当に成果に対する報奨を払う傾向にあるのです。

でもね。

楽天やアマゾンの紹介料は少ないので、ここで販売されている育毛剤を1位にする人はいない。

「本当は1番売れているリアップ」をランキングサイトの管理人たちが1位にしない理由はここにあるんだね。

結論:
リアップは人気が高いが、紹介料の報奨金が少ないので誰もランキング1位にしない。
そんなランキングサイトはステマと判定します。

結論:
1位をA育毛剤として、2位をリアップとすると、A育毛剤が圧倒的に多く売れる。
「あのリアップよりもA育毛剤がいいのか!!」というわけだ。
こういうサイトはステマと判定いたします

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です