若ハゲを克服するための3か月

若ハゲです。

残念です。

悔しいです。

薄毛なので、からかわれることも多いです。

早く生やす方法を教えてほしい。

【 回答 】

若ハゲを克服する62日間をおくってみよう。

髪の毛の増減を、この3か月を振り返ってみましょう。

髪の毛の本数は増えたのか、減ったのか。

髪の毛の太さは増大したのか、細くなったのか。

正直に分析しましょう。

髪の毛の状態が、この3か月でよくなっているなら、あなたの育毛法はよいので、このまま続けるとよいのです。

あまりあれこれと違う方法に変化させないほうがよいのだね。

育毛剤を変えたり、発毛サプリメントを変えたりしないことです。

一方、育毛の成果が見られなかった人は、明日からはぜひ、漢方療法を取り入れるとよいと思います。

漢方の育毛法は体内から生やす方法です。

食べたものは血液に溶け込んで、毛根を通過し、髪の毛まで行きます。

漢方で髪の毛を「血余 けつよ」といって、血液の余りでできていると考えたのは、当たっているのです。

髪の毛を生育させる成分を含んだ血液を作るのです。

その方法はわかっているんですよ。

この無料レポートを見てください。

「薄毛体質でも髪の毛は生える」方法を解説

 

Work at the barber shop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です