育毛成功哲学で発毛は現実化する

育毛成功哲学で髪が生えたという話をネットで聞きましたが、そういうことはあるのでしょうか?

 

回答

髪の毛を生やしたい!!という強い願望を持つ人は多いことと思います。

私もそうです。

24歳のときに男性型脱毛症の遺伝子が作動し始めてはや33年。

 

いまから考えると「絶対生やしてやる!!」という気持ちのおかげで、現状満足できる髪の毛状況をキープしているのです。

 

もっとも、まだまだ生やしたいので、あらゆる情報をネットや書籍、医者、理容室の人などから収集しています。

 

まずは「髪の毛を生やしたい」という願望を抱くことです。

 

成功哲学の祖といわれるナポレオン・ヒルも、まずは目標を明確にせよといいます。

 

 

 

そして

1.目標を紙に書く例・・・「私は髪の毛を1年後に今より30%増やし、4年前くらい髪の毛のボリュームにします。そのためには、毎日スピルリナを20粒、パルテノライドを7粒、頭皮マッサージを毎日10分実行します」

2.朝と晩にその紙に書いた言葉をできるだけ大きい声で読み上げる。

3.理想の髪の毛になった自分を、できるだけ頻繁にイメージする

 

というようなことを、ばかばかしいと言わずに実行すべきなのです。

日本の積極哲学の中村天風氏も同様なことをオススメしています。

 

天風式を育毛に応用するなら、毎日鏡を見るときに、自分の目をみつめて、

 

「お前の髪の毛はグングン生えてくる」

 

と確信をもって、鏡の中の自分に言い聞かせるのです。

そのことで、体は反応しますし、ハゲの恐怖からも逃れることが可能なのです。

;髪の毛を生やすには、心のなかがパーッと青空のような状態でないと発毛は難しいです。

 

うらみ、つらみ、憎しみ、悲しみ、不安、嫉妬、驕り、怒り、自己嫌悪、羞恥、

 

などなど、こういう状況ではなかなか髪の毛は生えてきません。

 

それどころか、抜け毛、薄毛化が進行します。

 

とくに「不安」、「心配」といった感情が髪の毛にはよくないのです。

 

肌も同じです。

 

肌と髪の毛は非常に似たところがあり、テレビや雑誌などで、「肌によい」という情報があれば、即、それはあなたの髪の毛の改善の参考になりますので、髪の毛の、発毛、育毛情報だけでなく、「肌」に関する情報を収集し、実践することがあなたの発毛をグングン促進します。

 

さて、抜け毛や、ハゲ、薄毛は心の状況に敏感です。

でも、「心がパーッと青空のように晴れ渡っていれば髪の毛が生育するにもいいとわかっているが、わかちゃいるけど、やめられない」

という場合があることでしょう。

ですから、緊急避難的な方法として、「セントジョーンズワート」をはじめとする、心の明朗化を促進するサプリメント、ハーブを紹介してきました。

 

ここでもう一度、再確認しましょう。

 

■■心を明朗化し、髪の毛の生える心の状況をつくるもの■■

 

1.セントジョーンズワート  コンビニ、ドラッグストアなどで、1000円~3000円

 

2.エゾウコギ  初期のうつ状況にもきく健康食品。3000円くらい。

 

3.はんげこうぼくとう(漢方薬)  3000円程度

 

4.補中益気湯(ほちゅうえっきとう) 3000円くらいなどです。

 

外国のクスリでも、気分を改善するのに非常に効果のあるものがあるようですが、私はためしていませんので、ここでは紹介をしません。

あと、特に重要なものを付け加えると、

 

5.適度な運動も重要です。

お金を出せるのなら、髪の毛を太くする効果と、心理的なストレスを緩和する飲み物があるので、それを飲んでください。

 

一番効果が出ます。

 

「ミレット・アルファ」という飲み物です。

 

忙しさからイライラしていませんか?
てっぺんの不安に、飲む育毛剤カイセイ堂『ミレットアルファ』

私も、平成27年現在、特に重要視している飲み物なのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です